業種ごとに活用するPOSレジを変えよう
2017.04.24

女性スタッフのイラストPOSレジと一言で言っても、様々の種類のPOSレジが存在します。
その中から1つを選択して利用していくことになるため、慎重に選んでいきたいところ。
値段も決して安いものではないため、なおさらです。
そんな中、1つ頭に入れておきたい「業種ごとのPOSレジの存在」というものがあります。

■POSレジは自由度の高いレジ

そもそも、POSレジは、自由度の高いレジに製品特徴として仕上がっています。
何かしらのPOSレジを見たことがある人は分かると思いますが、様々なボタンが画面上に表示され、様々な操作をすることができるようになっています。
実はこのボタン配置は、業種ごとによって大きく異なります。
大まかな機能(POSレジの本質の部分)は、全く変わりませんが、ボタン配置や、記録できる内容を変えることが可能となっているわけです。

■業者ごとに適材適所のPOSレジが存在する

先程「自由度が高いレジ」というお話をさせて頂きましたが、これの言い方を変えると「業者ごとにPOSレジが存在する」ということになります。
POSレジを美容室で利用する、POSレジをコンビニで利用する、POSレジをスーパーで利用する、POSレジを飲食店で利用する。
言葉だけを見れば、さほど大きな違いが無いように見えますが、中身を見てみると、ボタン配置、記録内容など大きく異なっているわけです。
普通に考えて、コンビニで利用していたPOSレジを美容室で利用ができるか?と問われれば、答えはノーということは言うまでもありません。
細かい在庫管理が必要なコンビニと、顧客情報管理が必要な美容室…これだけでも利用ができないことがイメージできます。
だからこそ、適材適所のPOSレジが存在し、その業者ごとで活用をしていかなければ全くが意味がないわけです。

■お値段を気にしなければ…カスタマイズも視野に

一般的な業種であれば、既にPOSレジのレンタルや販売を行っている業者に依頼をすれば、簡単に手に入れることができます。
しかし、お店として、ライバル業者と差別化を図るため独自のサービスを展開していることもよくあるかと。
例えば、本屋もしつつ美容室を営む美容師…。
この場合、本屋のPOSレジと、美容室のPOSレジを合体したいところ。
「そんなことができるのか?」と思うかもしれませんが…簡単とは言いませんが、合体することは可能です。
その変わり、カスタマイズをする分のお金が必要になってはしまいますが。
ともあれ、業種ごとに活躍をしてくれるPOSレジだからこその自由度の高さというのが、ここでも垣間見ることができます。
自身に合ったものがなければ、カスタマイズして作ってしまうことも視野に、色々と探してみるとよいでしょう。

▲ ページトップへ