失敗しないPOSレジの選び方
2017.04.24

POSレジを導入するとなったとき「失敗したくない!」と感じるのは当然のことです。
そこで、失敗をしないPOSレジの選び方を3つ厳選して紹介をします。
他にも多くのチェックポイントがありますが、まずはこの3つを念頭に置いてピックアップしていきましょう。

■高額で多機能だからといって「良い」というわけではない

レジよくやってしまうPOSレジ導入の失敗例です。
それが、多機能すぎるPOSレジを導入してしまうことです。
POSレジの世界に限らず、何処の世界でも、多機能であればあるほど高額な商品になっていきます。
そして、最初は「これだけ多機能であれば “お得” だし、イレギュラーにも対応ができるからいいでしょう」と判断して購入をしてしまうわけです。
蓋を開けてみれば、全機能の内、2割程度しか活用できていなかったということが。
スマートフォンでも、多くの機能がありますが、全てを使いこなしている人は少ないかと思います。
これと同じ意味というわけです。
ともあれ、多機能は素晴らしいということは間違いありませんが、それは宝の持ち腐れにならない人限定のお話ということを念頭に置いてPOSレジを選ぶ必要があります。

■実際にPOSレジを体験してみる

そもそも、POSレジは「使ってみないと分からない」という部分があります。
であれば、実際に使って見てから導入をするか?を決めるとよいでしょう。
一番手っ取り早い、失敗をしない選び方の1つになります。
昨今、POSレジを取り敢えず体験してもらって、導入をするか?を決めて貰おうという動きが出ています。
大きな金額が動くサービスのため、このような「試用期間」を設けるのも、ビジネスとして大切なことです。
であれば、これを有効活用して選んでいくというのは、ごく自然な流れです。
今では、スマートフォンやタブレットでもPOSレジが提供されています。
こちらは、なおさら「無料期間」というものが用意されているため、積極的に活用していくことが大切になってきます。

■兎にも角にも「目的が果たせるか?」が重要

最も大切なことになります。
それが「自分自身が利用したい機能があるか?」という…目的を果たすことができるPOSレジなのか?ということを、はっきりさせることです。
よく「皆が導入しているから導入してみよう」という軽い気持ちで便乗する人がいますが、これはNGです。
これでは、POSレジを導入したとしても、そのお店に合ったものを選ぶことができないことは、火を見るよりも明らか。
だからこそ「何故、POSレジを導入したいのか?」をハッキリさせ、そしてその目的を果たせるものを選択していくことが重要になるわけです。

▲ ページトップへ