誰でも使える簡単POSレジ
2017.04.24

男女のスタッフのイラストPOSレジは「IT技術」が多く搭載されている製品となります。
そして多くの人が「IT」と耳にすると、身構えてしまい、直ぐに「難しいもの」と条件反射で決めつけてしまいます。
結果、POSレジも何だか難しいものでは?と考えてしまうわけです。

■基本的にはどのPOSレジも簡単に誰でも使えるように工夫されている

POSレジは、基本的に、誰もが簡単に使えるように多くの工夫がなされている製品となります。
(もちろん、POSレジを販売している業者には、特徴があり「使いやすい・使いにくい」の差異はありますが)
また、POSレジを製作する側にとっては「どれだけ簡単に操作ができるのか?」という点は、ある意味で永遠のテーマとなっています。
だからこそ、様々な工夫がなされて、結果、誰もが使いやすいものに仕上がっているわけです。
つまり…ここで伝えたいことは、冒頭でお話した「難しいもの」と決めつけるのではなく、実は、どのPOSレジも簡単操作だということを理解して欲しいということです。

■入力が直感的に分かるPOSレジは多くある

では、誰もが簡単に使うことができるPOSレジとは何か?という部分が気になるところ。
それが「直感的に操作が分かる」という部分です。
例えば、POSレジを美容室で導入していた場合…操作するスタッフが「この人はパーマとカット」と直ぐに迷わずに入力できるようになっている状況だったり。
POSレジを飲食店で導入していた場合、複雑なセット料理でも、簡単操作でレジ打ちができるようになっていたり。
そして、このような簡単操作を実現しているPOSレジは多く存在します。

具体的に、どのように使いやすくしているか?
ボタン自体が簡潔にまとめられており、そして操作する回数が少なくなっているということが挙げられます。
他にも、様々な工夫がなされています(ボタン1つに1機能しか割り当てないなど)が、これがベースとなっています。

■重要なのは「失敗してしまったときの対処方法」

さて、1つ使い勝手の部分で頭に入れておいて欲しいことがあります。
それが「操作ミスをしたときに、どれだけ簡単に元の状態に戻せるか?」というもの。
使い勝手のよい、誰もが簡単に操作ができるPOSレジというのは、こういった部分の配慮もしっかりとしています。
言ってしまえば、通常操作よりも、こちらの失敗時の操作の方が重要になっていると言っても過言ではないほどの重要度です。
POSレジを使い勝手で比較をしていくのであれば、こういった部分も気を向けていくと、よいPOSレジを手に入れることができます。

▲ ページトップへ